岩田剛典の髪型!無造作風パーマのセット方法を解説!

スポンサードリンク

 

どうもきなこです!

今は冬真っ只中でとても寒いですね!

私は最近ダウンジャケットしか着ていません。笑

最高に暖かいです。

服装もそうですが、皆さんは季節によって髪型は気にしていないでしょうか?

私は夏は暑いのでツーブロックを入れて髪をいつもより短めにしてアップバング(髪を上げている)にしたりしています。

ここ最近は寒い日が続いているので、ずっとダウンバング(髪を下げている)にしていますね。

皆さんもダウンバングにしている人が多いと思います。

そこで!私が多くの人から、「みんな冬はダウンバングが多いけど、きなこのは一味違くてカッコいい!」と言われた髪型のセット方法を解説していきます!

 

 

 

そもそも無造作風とは?

 

その言葉の通りですが、セットで束感を規則正しく作っていかにも決めている感じではない、ふわふわと束感は規則正しく作っていないが、髪型全体としては決まっている髪型です。

 

簡単に言うと、「無造作」を作っているんですね笑

ですので、「無造作風」という名前になります笑

 

一般的に束感でバチバチにセットしているよりは無造作風のふわふわとした髪型の方が人気と言われていますが、本当にそうですね笑

 

私も束感を強く出して、バチバチにセットした時より、無造作風パーマにセット時の方が周りの評価は高いです。

特に女子は無造作風の方が好きな子が多い印象です。

「きなこはダウンバングで無造作にした方がモテるよ!」と言われますが

私はそんなこと御構い無しにアップバングにしたりする日もありますが、、、笑

 

女子は服装も髪型もナチュラルな格好が好きみたいですね笑

 

よく考えてみれば、私も化粧が濃い人よりナチュラルメイクをしている人の方が好みですし、友達もそういう子が多いと思います!

皆さんの周りの男性陣もナチュラルメイクが好きと言う人が大半ではないでしょうか?

 

少し話がずれてしまいましたが、女子ウケを気にするならこの記事を最後まで読んで「無造作風パーマ」をセット出来るように学んでいきましょう!

 

無造作風パーマが似合う骨格

 

※今回はウルフスタイル(襟足が長い)ではなく、襟足がない場合での話をします。

 

 

・卵型

卵型はショートスタイル・ウルフスタイル・マッシュスタイル等基本的になんでも似合う骨格で、一番理想的な骨格とされているので、もちろん「無造作風パーマ」も似合います!

 

 

・面長

一般的に骨格と髪型を合わせたアウトラインがひし形に近づくように髪をセットすると、かっこいい仕上がりになるとされていますが、面長で縦に長い骨格でも「無造作風パーマ」にすることにより、両サイドの外ハネがあるので、アウトラインがひし形に近づきかっこいい仕上がりになると思います。

 

面長の友達は結構無造作風パーマをしていますが、確かに面長な骨格が目立たなくなっていました。

 

 

・逆三角形

 

逆三角形の骨格の特徴として頭の鉢が張っていてますが、そこに上手く外ハネを入れる事により逆にサイドを潰すと鉢が張っているのを目立たなくすることが出来ると思います。

 

 

 

無造作風パーマは誰にでも出来る!?

 

無造作風パーマはほとんどの人が出来ます。

 

アイロンが苦手でいつも髪セットが上手くいかない!

という悩みがある方も簡単にできてしまいます。

 

なぜなら、「無造作風パーマ」は規則性がないからです。

また、アイロンが上手くない私の友人も「無造作風パーマは本当に簡単と自慢げに私に言ってきます笑」

 

初心者でも必ずセットできるようになるので是非最後までこの記事を読んでみてください!

 

じゃあなぜ出来ないのか?

 

  • アイロンのセット温度低い
  • スライスを太く取りすぎている
  • レイヤーが全く入っていない
  • 髪質に合っていないワックスを使用している

 

 

等が挙げられます。

 

よく「技術がないから私は髪をセット出来ないんだ」と思っている人がいますが、技術も大切ですがそれ以前に知識の方が重要です。なぜそうなるのかを知る必要があります。陸上選手だって、こう足を動かすから、足の回転が速くなる等と知識をある上でそれを実践していきます。ですので、まず知識をつけましょう!

 

 

 

解決策

 

アイロンの温度を多少高めに設定

 

初心者の方は多少温度を設定を高めにしても良いと思います。慣れてきたらだんだん低く設定していきましょう。

設定温度についてはアイロンの項目で詳しく説明しているので読んでみてください。

 

 

 

 

・スライスを細く薄く取る

 

スライスとはアイロンを通す1段分の毛束です。

一つの毛束全体でアイロンで加える熱を均等にするため。一つの毛束を多く取るとプレート近くの毛髪は過度に加熱され毛髪は傷み、毛束の中心の毛髪は全く熱が加えられず、毛束全体としての癖が付かないので、なるべく毛束・ストランドは薄く細く取りましょう。

 

 

 

 

・美容院に言ってレイヤーを入れてもらう。

 

レイヤーとは髪をを部分的にカットして段差をつけることです。レイヤーを入れると束感の出やすさがまるで違います。

 

 

私はレイヤーを入れていない状態でこの髪型に挑戦しましたが、正直かなりやりずらかったです笑

ですので、初心者の方はとくにレイヤーを入れて、束感が出やすい髪型にしてくださいと言えば解決です。

 

 

 

自分の髪質を知り、適切なワックスを購入する

まず自分の髪質を知る事が大切。そして、したい髪型によって自分に適したワックスは違います

 

 

 

どんな服装に合うか?

 

基本的になんでもあいます。

 

最近流行りの独特な雰囲気があるモード系ファッションに合わせてこの髪型で遊びに行くことも多々ありましたが、友人からの低評価は一度ももらっていません笑

他にもいろんなファッションとこの髪型を合わせて出かけていますが、低評価は全くなのでお勧めですよ!笑

 

 

強いて言うなら、V系バンド等お兄系ファッションには合わないと思います笑

V系バンドは髪が長くストレートパーマをかけているイメージが定着しちゃっていますからね笑

 

 

メリット

 

アイロンワークが簡単

短い時間でセットできる

 

 

 

なぜ??

 

・もともと規則性がなく多少アイロンが上手くなくても全くわかりません笑

逆に適当にやるくらいがちょうどいいかもしれません笑

 

 

・こちらも規則性がなく、バランスを考えなくて良いのでスムーズに作業が進みます

そのためかなり短い時間でできます。

 

 

例えば、前々回紹介したセンターパートの波打ちセットが40分くらいかかったのですが、無造作風パーマは30分くらいでした。

 

たかが10分だとは思いますが、出かける前の10分はかなり重要です!よね?笑

 

明日、「束感ありありでバチバチに決めよう!」と言ってダラダラ起きて、待ち合わせに間に合わない事に気づき急遽「無造作風パーマしよう!」なんてことはざらにあります笑

 

その位簡単で、短い時間ができます笑

 

デメリット

 

・特にありません!

 

強いて言うならダウンバング(前髪を下ろしている)なので、前髪が長すぎると暗い印象になると思うので、初対面の人と話す機会や入学式とかにはこれから共にする人達との関係性を深くしたいならなるべく避けたほうが良いんじゃないかと思います。

 

自分はわりとフレンドリーなタイプですが、髪がもっさりしていて、前髪が長いとやっぱり声かけずらいです、、、笑

 

また、私は基本的にアップバングですが、結構話しやすそうと言われるので、やはり暗い人と定着させたくないならやめたほうがよいと思います。

 

 

セットに必要な物

機器

・ストレートアイロン

・ドライヤー

 

整髪料等

・ワックス

・スプレー

・ダッカールクリップ

 

髪の長さ

 

 

全体

刈り上げマッシュ

 

・バング(前髪)

長め(目にかかる程度)

 

・フロント(前頭部)

長め

・トップ (頭頂部)

長め

・サイド (側頭部)

普通

・バック (後頭部)

長め

・ネープ (後頭部から襟足にかけての部分)

短め(刈り上げ)

 

 

 

セット方法 (全体の流れ)

 

 

1 ドライヤーで髪を乾かす
2 アイロンで髪全体に動きをつける
3 ワックスを馴染ませて形を整える
4 スプレーで固める

 

 

 細かい行程

 

1ドライヤー

 

なにも考えずストレートになるように乾かしてください

 

鉢回りが張る(ボリュームが出ちゃう)人はドライヤーの温風で髪を温めて1回ドライヤーを切り、手で押さえ冷やしてボリュームを押さえても良いかもしれません。

 

ブラシのあるドライヤーを使うとくせ毛が目立たなくなるので、試してみてください。

私は結構くせ毛が目立ちますが、ブラシのドライヤーを通すとあまり目立たなくなりました。

 

 

2 アイロン作業

 

温度:150度

 

 

一応参考の温度は150度と書きましたが軟毛・硬毛・ダメージ毛・健康毛・乾燥毛等と髪質は人それぞれです。また髪質・髪の状況によってアイロンの加熱による癖のつき方異なっていくので、一番良い設定温度というのは、一つの毛束に対して、一回だけアイロンを通してしっかり癖の付く一番低い温度です。

上手い人ほど低い設定温度になると思います。

 

 

・下からアイロンを通していくので、1段分を取り、残りの髪は上に持ち上げ、ダッカールで邪魔にならないように止めておきます。

 

 

ダイソー等の100均に売っているので、これは買っといたほうが良いと思います!

かなりやりやすさが違ってきます。

特に私みたいに毛量が多い人は強くお勧めします。

 

 

知っておいて欲しいこと

 

フォアードカール

耳介と同じ向きで巻かれたものをフォアードカールと呼びます。

リバースカール

フォアードカールと正反対で巻かれものをリバースカールと呼びます。

 

前髪

 

邪魔な髪は下の画像のようにダッカールで止めましょう。

 

 

細めに束を取ります、だいたい10束くらいです。

 

あくまで10束は目安なので、細く薄く取ることを意識してください。

 

顔まわり(触覚)はリバースの外ハネで終わらせます!

 

左右どちらから始めても大丈夫です!

 

 

1束目

内外内外

2束目

内外内外

3束目

内外内

4束目

内外内

5束目

内外内

6束目

内外内

7束目

内外内

8束目

内外内

9束目

内外内外

10束目

内外内外

 

 

両サイド
1段目

サイドも邪魔な髪は下の画像のようにダッカールで止めます。

 

 

・1束目

内外内外

・2束目

内外内

・3束目

内外内

・4束目

内外内

 

 

 

・2段目

 

・1束目

内外内

・2束目

内外内外

・3束目

内外内

・4束目

内外内

・5束目

内外内

 

・3段目

 

・1束目

内外内

・2束目

内外内

・3束目

内外内

・フロント

私は1段毎をかなり薄めに取って3段くらいに分けました。

 

1段目から3段目まで、すべて、内外内で終わらせます。

この時、ちょくちょく縦に波打ちを作っていくとより良くなると思います!

 

特に1段目に縦の波打ちをいれると良いと思います!

 

 

・バック

全部内巻きで終わらせました。

 

 

全部アイロンを通した後に動きが少ないなと感じた場合はプラスで動きを付けるのも良いと思います!

 

 

ここだけの独自のコツ!

1:何回いいますがスライスが細く薄く取ります

 

2:トップに向かうにつれてアップステムでアイロンを通す。

 

なぜ??

1:一つの毛束全体でアイロンで加える熱を均等にするため。一つの毛束を多く取るとプレート近くの毛髪は過度に加熱され毛髪は傷み、毛束の中心の毛髪は全く熱が加えられず、毛束全体としての癖が付かないので、なるべく毛束・ストランドは薄く細く取りましょう。

 

 

2:トップに行くにつれてボリュームを出す事が出来ます。

 

アップステムとは毛束を頭皮に対して90度より上の角度で引く事です。

 

またダウンステムは毛束を頭皮に対して90度より上の角度で引く事。

毛束を頭皮に対して90度の角度で引く事をオンベースと呼びます。

3 ワックス・スプレー作業

 

1ワックス
・種類

・オーシャントリコ(クレイ)

 

持ってない人はどんなワックス(整髪料)使えば良いか?

 

髪質別おすすめワックス(整髪料)

 

硬毛の方

 

ミューブル ドライワックス

 

甘い香りがして、髪馴染みがよく操作性もあるので初心者に最適かなと思いました!

また、激束系も作れたり、ふんわり系も作れるので、万能ですね!

冬はマットな質感になりますが、夏に使うとツヤでわりと出てしまうのでそこは頭に入れておきましょう!

夏と冬で質感が違かったので最初は驚きました!笑

ただ、私は無造作パーマは冬にしかしないので、あまり問題ないですが笑

 

 

軟毛の方

 

オーシャントリコ(オーバードライブ)

 

ドライ系のワックスでハードタイプです。

セット力は抜群に高く、無造作や寝癖風の髪セットをするのに最適です!

また、湿気にも強いので、夏にもこの「無造作風パーマ」のセットをしたい人にはすごく良い整髪料(ワックス)だといえますね!

 

 

 

・方法

 

・バック(後頭部)から手で揉むようにして髪に整髪料(ワックス)を馴染ませていきます。

 

・しっかり馴染んできたら、手ぐしで完成を意識して束を下ろしていきます!

 

・前髪もわりと束ができているため私は前髪にもワックスをつけて微妙にクロスバング風にしました。

 

2 スプレー

 

中野製薬 ヘアフレッシュ スプレー スーパーハード

 

あまり意識的に束を強調させたくないので、トップから緩く全体にかけていきます。

束を強調させたい人は、一束一束にかけるとより固定されます。

 

 

 

おすすめスプレー

 

硬毛の方

 

ナンバースリー デューサー  ヴェール7 フリーズハード

無香料で勢いよく噴射します。

最初の段階では少しべたつきますが、乾いたらパサついて、マットな質感になるので「無造作風パーマ」に合います。

また、ふんわり固まりより無造作感が出ます!

硬毛の人には結構おすすめですが、がっちり固まると言うわけではないので軟毛の人は少し厳しいかなと言う印象です。室内にいるなら問題ないと思いますが、、、

 

 

 

軟毛の方

 

モルトベーネ ロレッタ カチカチシュー

広角で優しい噴射なので機能性が良く、がっちり固まるので軟毛の方でも髪をホールドしやすいと思います。また香りも良いので会う人に好印象をあたえられますね。

 

 完成

 

 

 

私はこのくらいの動きが好きです。もう少し動きが欲しいという方はアイロンのテンションを強くしたら良いと思います。

斜め横からのアングルがかっこいいですね笑

 

 

 

 

とそんな感じで「無造作風パーマ」のセット方法を解説していきました。

 

わからない事があればどしどし質問してきてください。

では最後まで読んでくれて本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

どうも!クッキーきなこです! 10代男2人で最近ブログをはじめました! プロフィール画像の左がクッキーで、右がきなことしてやっています! 美容情報(髪型、服装)などをたくさん紹介していきます! まだまだ拙い文章しか書けませんが、どうぞいろんなバンドを見ていってください!
投稿を作成しました 99

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る